イメージ画像

蟹の資源

毛ガニの事を専門業者は原料と呼びます。ただ、その毛ガニの減量も最近では乱獲のせいかだんだん少なくなってきていると聞いています。北海道ではいろんな会社がその時期によって○○産と言うのを唄っていますが、北海道では地域によって漁期が限られています。これはその土地の蟹の資源を確保するためで、乱獲を防ぐ目的があります。乱獲されないように努力を続けていても蟹が大きくなるまでには最低でも10年ぐらいかかってしまうので年々減っているのは事実だと思います。ただ、本当にとれなくなった時に1年の間漁をお休みすると見違えるほどとれるようになった事もあるので資源は大切にしなくてはいけません。そして、年末に多く食べられる毛ガニの値段にも反映してきます。私達は毎年何も気にせずにカニをかっていますが、特にネットの毛ガニ 通販では毎年金額が異なります。それも業者が努力ですので、業者は資源を確保して更に安く届けてくれる努力をしています。何の気なしに食べているカニもいつかはいなくなってしまう可能性もあるので食べる時はありがたみを感じて食べなくてはいけません。いつも思うのは、ロシアあたりに行くとまだたくさん眠っているんだろうな~と考えてしまいます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ