イメージ画像

長野県の伝統の老舗お茶元みはら胡蝶庵の「とろける生大福<苺>」

私が好きな和菓子の一つは大福なのですが、その中でもとくに苺大福が大好きです。苺大福は人気の和菓子ですよね。そしてその苺大福の中でも現在私の中で一番美味しいと思うのが、お茶元みはら胡蝶庵の「とろける生大福<苺>」ですね。先ずこれを販売している「お茶元みはら胡蝶庵」というお店は、なんと創業が明治七年という長野県の伝統あるお茶屋さんで、そこの名物の一つが「とろける生大福<苺>」なんです。その「とろける生大福<苺>」を一度食べてみたくて、先日ネット通販でお取り寄せしてみました。注文から数日後、冷凍便で送られてきた品をさっそく解凍して頂きました。見てるだけでヨダレが出てくる美味しそうで可愛らしい外見を堪らず頬張ると、大福独特のふんわり感ともっちりとした食感のあとに、フリーズドライの苺の粒とラズベリージャムで味付けされた冷たい苺クリームの味は、思ったよりも甘くなくサッパリした酸味の強い甘酸っぱい味で、とても美味しいです。やっぱり苺大福はこの甘酸っぱい味わいが最高ですね。とくに「とろける生大福<苺>」の苺クリームのサッパリ感は、他の苺大福にはない独特の美味しさです。全国の苺大福ファンは、絶対食べた方がいいと断言できるほどオススメしたい一品です。 和菓子 人気

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ